コツは「習慣化」!全てのタスクを即座に入力せよ!

2018年01月05日(金)



未来日報をご利用いただくにあたって、非常に重要なコツがあります。
それは「やるべき全てのタスクをすぐに入力する習慣をつける」ことです。


どんな些細なことでも全て、すぐに入力するようにしてみてください。
例えば、コピーをするように先輩に頼まれた、とか。
郵送されてきた請求書を上司に届ける、とか。
仕事としてはその人にとっては雑用に分類されるようなことも全てです。

ついつい忘れやすい些細な仕事ほどしっかり対応した時に信頼を得られるものだからです。



「マメさ」 = タスク管理力 × 対応速度

2017年12月11日(月)


よく"女性にもてるにはマメさが大切!"なんていいますよね。
これはその通りだと思いますが、ビジネスにおいても基本的には同じではないかと思います。

応答が早く、細かいお願いごとも忘れずにしっかり対応してくれる人は、
職場において女性だけでなく男性からもモテモテになりそうです。


今なお難しい…メールでのコミュニケーションにはご注意を!

2017年11月30日(木)


一日の長い時間をPCの前で過ごすような職場ですと、ついついメールで
コミュニケーションを済ませてしまうことが多くなると思います。

世間ではもう長いこと言われていることではありますが、
しかし、今なおこのメールコミュニケーションに関する問題は日本中で蔓延しているようです。


未来日報は三周年を迎えました!

2017年10月24日(火)




おかげさまで、未来日報はこの10月に三周年を迎えることができました。


ちょっとユニークな未来日報の使い方

2017年08月04日(金)



未来日報は一つのアクション(タスク)に対して、登録された社内メンバー全員が、
コメントを書き込むことができます。

それにより誰かの作業に対して、メールよりスピーディーで気軽にコミュニケーションを
取ることがきるのですが…

実はちょっとユニークでフランクな使い方もできてしまいます。
例えば以下のように。


あなたが最後に誰かを誉めたのは、いつですか?

2017年07月25日(火)



『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』
こちらは部下や後輩を育成する場面でよく引用される、山本五十六の言葉です。


みなさんは最近、誰かを誉める機会がありましたか?
最後に誰かを誉めたのはいつ頃でしょうか?


未来日報はいつもより40分早く、あなたをお家に帰します。

2017年06月19日(月)


未来日報にはいろいろなメリットがありますが、まず何よりも、
"無駄なデータ管理作業から解放してくれる"という点をあげさせていただきたいと思います。

今ここをご覧頂いている皆様は普段お仕事をする上で、どんな情報管理の仕組みやシステムをご利用されているでしょうか。
日報(メール)、Excelのお客様リスト、名刺管理アプリ、カレンダーツール、タスク管理ツール、社内コミュニケーションアプリ、営業支援システム・・・
などなど、世の中には便利なツールがたくさんあり、複数ご利用されている方も多いのではないかと思います。

でも、ちょっと振り返って、考えてみてださい。


何が違う!?これまでの日報と「未来日報」

2017年04月19日(水)


未来日報は、これまでにない日報サービスです。

つまり、読んでそのまま"未来の日報"なのですが。
じゃあこれまでの日報ツールと何が違うの?という話しになりますよね。


「面倒臭いから」という理由で生産ラインを50%しか稼働させていない工場の話し

2017年02月13日(月)



未来日報には「お客様管理機能」がありますが、現在ご利用中のお客様の中には「本当はお客様の情報を登録した方がいいんだけど、面倒くさくて登録しないまま使い続けているよ・・・」といった方も時々いらっしゃいます。

心の底ではちゃんとお客様情報を管理したほうがいいと思ってはいるものの、面倒臭さの方が先に立ってしまうのが人間というもので、確かにそのお気持ちもよく分かるものです。

とはいえ、このままというのも良くないと思いますから、ここは一つ気づきを得るために、例え話から現状を見つめ直してみると良いのではないかと思います。


未来日報のおすすめな使い方
(アクション名に時間を書こう!)

2016年12月19日(月)




いつも未来日報をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

未来日報を使い慣れてきますと、どんどんアクションの数が増えて、もしかしたら稀にアクションを見落としてしまうようなことがあるかもしれません。
本日はそんな場合に使える、未来日報のおすすめな使い方を一つ、共有させていただきます。

続きを読む >>