[危険]別々の部署から同じお客様へ何度もテレアポしていませんか!?後編

2018年12月17日(月)



〜前回、「[危険]別々の部署から同じお客様へ何度もテレアポしていませんか!?前編」の続きです〜


既に契約している企業から「はじめまして」なんて電話をされたら…
というお話しでしたが、

電話をかけている側は、「あくまでも別の部署」から電話しているという意識なのかも
しれません。しかしそれは自社の都合なわけで、受けている側からすると同じ会社以外の
何者でもない
ですから、やはり相手に失礼ですよね。

CS(顧客満足)の観点からすると、サービス水準が低いと思われてしまいそうです。
差別化が難しいご時世だからこそ、そんな評判は絶対に避けたいところ。

ひょっとすると同じようなことを、自社でもやってしまっているかも…と頭をよぎった方、
縦割りのお客様管理から一歩進んで、お客様情報を集約・並列共有してみませんか?


未来日報ではメンバーのメールアドレスを登録するだけで部署に関係なく使える上に、
全員が行ったお客様へのテレアポの履歴を全て記録し、それを全員で共有できますから、
同じ会社に対して別々にアプローチをすることも無くなるでしょう。




言わずもがなですが、せっかくコストをかけて新規顧客を獲得し、信頼関係を築いたというのに、それを活かして売上を増やさないなんて実に勿体無い話しですよね。
例えば、
「あ、このお客様、別の部署のAさんがもう何度も発注もらっているのか。じゃあ一緒に提案してもらった方が早いな。」
といった組織的な営業の仕組みや連携は今後必須になるでしょう。

それどころか、しつこいテレアポによってお客様の信頼を失いかねませんので、
「危うくB部長が長年お付き合いしている企業の社長に「はじめまして」って電話するところだった…」
なんてことも気づかなくてはいけませんよね。


リスクも減るし、利益も増える。
いずれやらなければいけないなら、すぐに取り掛かるしかないですね!


↓未来日報のご登録はこちらからどうぞ