急に社員がやめてしまったら!?引き継ぎ対策できてますか?

2015年08月04日(火)



実際に起こってほしくはないですが、
諸事情により突然社員が辞めてしまうことは、決してないとはいえません。

そんないざという時のために、常日頃から引き継ぎの準備ができているならいいのですが…
実際、日々業務が忙しい中ではなかなか難しいのではないかと思います。


例えば営業パーソンが突然辞めることになってしまった場合に対して、
以前はよく、以下の様なお悩みを弊社のお客様からいただいておりました。

[お悩み1]
 営業担当者がお客様とのやり取りを抱え込んでおり、属人化してしまっているため、
 引き継ぎが十分にできず関係が途切れてしまう。

[お悩み2]
 結果的にお客様が離れていってしまい、他社に奪われてしまったり、
 最悪の場合、他社に移った元担当者に引き抜かれてしまう。

[お悩み3]
 引き継ぎを行ったとしても表面的な情報だけの引き継ぎだけになってしまい、
 これまでの営業担当が培った独自の情報や人脈などが引き継がれていない。


これらに心当たりがある方もいらっしゃるのではないかと思いますが、
そうです、このようなお悩みにこそ未来日報が真価を発揮します!


この続きは次回更新予定の「お客様をがっちりフォロー!離脱や引き抜きを徹底防止!」にてご説明します。


↓未来日報のご登録はこちらからどうぞ