未来日報が美容院でも使えるってホントですか!?
(前編)

2016年02月17日(水)

hairdresser-659146_640.jpg


先日、行きつけの美容室に行った時のことです。

担当のスタイリストさんに髪をどのように切ってもらうかお話しようとして、
前回のカットの方針を元にこうしてああしてとお願いをしようとしたのですが、
どの辺りをどのくらい切るとか、ここは切らずに残して欲しいとか、
前回の細かいオーダーの内容を忘れてしまっていました・・・

担当のスタイリストさんも前回の内容を大まかに覚えていただけだったので、
お互いに細かい点を少しずつ思い出しながらカットを進めていったのですが。

そんなことをしながら、美容院でも未来日報は有効活用できるな!なんて考えてしまいました。


一人のお客様を未来日報に登録していき、それぞれのお客様へその日に提供した
サービス内容を記録していけば、過去にどのような髪型にしていったのか、その人のデータが
どんどん蓄積されていきます。

例えば・・・
どの時の髪型が特に満足してもらえたのか、またその時はどの部分をどのようにカットしたのか。
逆にどの時の髪型がいまいち不評で、どんなカラーにしてしまったのか、とか。
そして髪型だけでなく、洗髪の際の注意事項、どんな雑誌が好きなのか、
盛り上がった話題、ちょっとしたクレームなどなど、接客全体を通した細かい気づきも。

こういった、そのお客様に関するデータが溜まっていくにつれ、
安定して満足度の高いサービスが提供できるようになるでしょう。