未来日報が美容院でも使えるってホントですか!?
(後編)

2016年03月16日(水)

hairdresser-659139_640.jpg


未来日報が美容院でも使えるってホントですか!?(前編)の続きです〜


前回は美容院でもお客様に関するデータを蓄積していくことでより高い品質のサービスが提供できるというお話でしたが、


そうすることで、担当のスタイリストが変ったり、急遽別のスタイリストが代理で担当した場合にも有効だと思います。
もし突然そうした事態が発生しても、過去のデータがちゃんと蓄積されていれば、そのデータを活かし、これまでと全く変わりない品質のサービスを提供できる可能性が高くなります。

こうした取り組みにより、着実にお客様の離脱を防ぐことができ、ゆくゆくは集客コストの抑制にもつながっていくでしょう。


お客様はたくさんいらっしゃいますから、一人一人に対して良いサービスを提供するには、現実問題としてスタイリスト個人の力だけではなかなか難しいこともあるかと思います。
スタッフ個人の能力に任せるだけではサービスレベルにばらつきが出てしまいますので、そこをシステムで補完することで、お店全体の評判が上がるのではないかと思います。


スマホやタブレットで簡単に入力できるので、業務中の操作も簡単です。
お客様のカルテをの記録として残しているお店が多いのではないかと思いますが、なかなか整理できず、担当者の引き継ぎ時にも有効活用が難しいとも言われます。

紙での記録とはおさらばして、未来日報で楽に良いサービスを提供してみませんか?
まずは30日間無料でお試しいただいて、少人数で試してみてください。


↓未来日報のご登録はこちらからどうぞ