お客様を「放置・忘却・見ないふり」してしまった、そんなあなたへ

2016年11月30日(水)




当メディアをご覧いただいている営業担当者様の中で、これまでにお客様を「放置・忘却・見ないふり」等してしまったことがある方はいらっしゃるでしょうか。

普段、こんな話題は大きな声では言えないとは思いますが、しかし実際のところ心当たりがある方もいらっしゃるかもしれません。

「忙しいから後回しにしてたら、お客様と疎遠になってしまった…」
「前担当者から引き継いだものの過去のやりとりもよく分からず、すっかり存在を忘れていた…」
「問い合わせがあったが、まだ要望も明確になっておらず、結局検討状態のまま放置してしまった…」


こうして改めて考え直すと、なかなか恐ろしい話しではありますが、実際のところ日々多くの業務に追われていると、目につくお客様や対応し易いお客様へついつい注力してしまいがちで、一部のお客様と疎遠になるということはあり得るのではないかと思います。

正論を振りかざすようで恐縮ではありますが、上記のような対応漏れをしっかり抑えられるか否かで、少しずつ売上は変わってくるはずです。
最終的に年度の営業目標が達成未達成の瀬戸際のような場合には、このような積み上げがを結果を左右してきます。
前回のやり取りから時間が空いてしまっては、さらに声をかけづらくなりますから、尚の事、日々着実なアプローチは大切です。

ですから日頃から、お客様を忘れず放置できないような仕組み作りが必要ですよね。
どんなに忙しくても、優先度に差があっても、必ずお客様を思い出し、放っておけない仕組みです。

このような「穴」や「死角」の無いお客様管理を、是非未来日報を使って実現してください。


↓未来日報のご登録はこちらからどうぞ